ノバルティスの社会貢献活動

ノバルティスの社会貢献活動

製薬会社として、日本にも支社があるというノバルティスは、常に患者や医療現場と向き合っている中で、もう一歩踏み込んだ社会貢献活動を積極的に行ってきた会社なのだそうです。ノバルティスの日本法人では、さまざまな社会貢献活動を行っている社員がたくさんいるといいます。関わる全ての人が笑顔になれるように、そして幸せになれるように、支援活動などの社会貢献をしているのではないでしょうか。社員が率先して活動しているとのことで、ノバルティスの社員も協力し合い、社会貢献の活動に参加しているといいます。ノバルティスが力を入れているのが、仕事と介護の両立を支援するプロジェクトなのだそうです。これはいつも関わっているノバルティスの患者と、その家族が幸せに生活することができるように、さまざまな環境づくりをサポートする取り組みのようです。日本で課題になっている、高齢化問題と向き合っているということではないでしょうか。

 

家族の介護の問題が表面化している中で、ノバルティスでは介護をする家族が社会参加できるように、製薬会社として積極的に支援するプロジェクトを推進しているそうです。ノバルティスの社員によって、ワークショップが開催されているといいます。介護をする人に負担を与えないために、さまざまな情報を収集・共有できる体制を整えているのでしょう。患者とその家族が、うまく関係を保つことができるように、サポートしているといいます。そして、家族が安心して仕事と介護の両立ができるように、ノバルティスならではの環境づくりをしているのではないでしょうか。

 

病気で苦しんでいる患者やその家族と長年向き合ってきたからこそ、ノバルティスに何ができるかを常に考え、社会貢献しているようです。患者だけでなく、常に看護や介護を必要としている家族にも目を向けて、自社でできることを形にしながら、患者やその家族に喜ばれる活動を積極的に行っているのではないでしょうか。製薬会社として医薬品を届けることは当たり前のことです。そこから社会貢献をすることで、自分達にできることは何かを考え、社員が率先して社会貢献活動を行っているといいます。

 

そのほかにも、ノバルティスでは被災地支援を積極的に行っているそうです。東日本大震災の被害があった東北地方を中心に、震災直後からさまざまな支援にノバルティスの社員が関わってきたといいます。直後から活動をはじめたあとも、継続的に被災地支援を通じ、復興のサポートを行って被災者を支援しているそうです。毎月1回、積極的な社員によるボランティア活動を、現在も継続的に行っているようです。多くの社員が積極的に活動を続けていて、今まで宮城県と福島県での支援活動は、80回以上になっているという話です。