働きやすい環境を整えているノバルティス

働きやすい環境を整えているノバルティス

長生きする人が増えている日本では、多くの人が病気と向き合いながら生活をしています。年齢を重ねれば重ねるほど、薬を飲んでいる人も増えてきます。そのため、さまざまな製薬会社が日本で病気を治療している患者と向き合っています。日本法人も展開しているという製薬会社のノバルティスは、幅広い疾患領域に効果があるさまざまな医薬品を提供している会社です。領域内の患者の病気を治療するときに必要な、薬を提供しています。がん、呼吸器系、代謝系、循環器系、中枢神経、皮膚、眼科などの幅広い疾患領域に対して、ノバルティスが提供することができる医薬品を供給しているようです。既存の薬を中心として、新薬の開発も行っていて、現在日本法人だけでも約30の開発プロジェクトを推進しています。さらには、高品質で低価格のジェネリック医薬品も、さまざまな医療の現場に供給しているようですね。

 

ノバルティスは、製薬会社としての企業責任を果たさなければいけないと考えているそうです。より良い医薬品を、的確に患者に届けることを使命にしているのでしょう。ノバルティスの医薬品を通じて、患者の疾患を制御・制圧するために、迅速に対応しなければいけないと考えているそうです。ノバルティスは製薬会社として何ができるかを常に考えて、新しい医薬品を開発し、供給できる体制を整えているといいます。ノバルティスが責任ある企業活動をすることで、社員を大切にすることができる会社になるのだそうです。そして、患者の病気を治すための医薬品を提供するという使命感を持つように、社員に対して倫理を推進しているといいます。

 

製薬会社としての企業責任を果たすことが、使命だと考えているようですね。特に注力しているのが、医療のアクセスと社員が一丸となって行動することができる企業活動なのだそうです。元気で健康で、長生きすることができるように、製薬会社として何をするべきかを明確にしなければいけないと考えているのではないでしょうか。全てのお客様のために何ができるかを真剣に考え、ミッションを共有しながら、社員が協力し合って働いているのだそうです。

 

また、会社に何が求められているかを明確にしているといいます。そして、既存の医薬品を的確に患者や医療の現場に届けていることで知られています。幅広い領域の疾患に対応することができるからこそ、日本のノバルティスでも多くの患者が提供している医薬品を利用しているのではないでしょうか。そして、自分自身の病気と向き合いながら、症状が回復し、元気になっている人がたくさんいるそうです。ノバルティスは患者が元気になることを望んでいるのでしょう。これからも全ての患者や医療の現場と真剣に向き合いながら、必要とされるノバルティスの医薬品を提供していきたいと考えているのではないでしょうか。